タイピングが早ければ確かに有利ですが

在宅の仕事の中でも、在宅ライターはタイピングの速さは大事な要素でもあります。
単純にタイピングが早ければ、それだけ短時間で記事を書くことができるので、同じ時間でもタイピングが早い方が多く稼げるわけです。

ただ、タイピングが早ければ確かに有利ではあるのですが、在宅ライターの仕事はタイピングだけが全てではないのです。
なぜなら、データ入力の仕事とは違って、文章を書くわけですから、日本語の意味が通じないといけませんし、指定された通りに書かなければいけません。

したがって、もしも自分があまり知らないジャンルや、詳しくない分野の記事を書く際には、まずはネットでそれについて調べ、その上で自分の言葉で書かなければいけないのです。

そのため、いくらタイピングが早かったとしても、そこでつまづいてしまうと、スムーズに記事が書けないと思いますし、考えながら書くのが苦手な人にとっては、タイピングの早さも活かすことができないのです。

ですから、もしも在宅ライターで稼ぎたいと思っているのであれば、もちろんタイピングの訓練も必要かもしれませんが、調べながら書く事と、考えながら書く練習をしなければならないのです。

もっとも、それらはすぐには身につくものではないので、ある程度仕事をやりながら慣れていくことが重要となります。
それとタイピングの早さが合わさることで、初めて効率的な作業をすることができ、短時間でも稼げるようになるのです。

また、当然ですがレベルの高い仕事になればなるほど、様々な分野の知識が必要となりますし、文章構成に関してもより綿密に行う必要があります。
何より、読者に面白いと思ってもらえるような記事を書かないといけないので、かなりの文章力も求められるのです。

もっとも、副業としてやるのであれば、そこまでのレベルの仕事をやる必要はないですし、あくまでもライターの仕事を、将来本業にしたいと思っている人が目指す場所だと言えます。

在宅ワークだからこそルールはしっかり守る

当たり前ですが、在宅ワークの副業も立派な仕事の1つです。
ですから、当然ですが責任を持って取り組む必要がありますし、ルールもしっかりと守らないといけません。

ルールと言っても、決して難しいものではなく、どれも当たり前のことばかりです。
しかし、在宅ワークという性質上、どうしてもルールを守れない人も多いのです。

相手と顔を合わせることもありませんし、やり取りも基本的にメールで行いますから、ついルールを疎かにしてしまう人もいるのです。
しかし、だからこそルールを守るべきであり、それによって相手からも信頼してもらうことができ、安定して仕事を発注してもらうことができるのです。

まず、納期が設定されているのであれば、納期までにしっかりと仕事を納品するようにしましょう。
納期に遅れないことは、社会人としての基本中の基本でもありますから、これが守れないようでは話にならないのです。

ただ、どうしてもいろんな事情から、納期に間に合わないこともあると思います。
その場合は、必ず早い段階で連絡をして、納期に間に合わない事情を伝えるようにしましょう。

また、一度仕事を引き受けた以上は、その副業は責任を持って取り組むようにして、絶対に途中で放棄しないようにしましょう。
もしも、今の仕事をもう辞めたいと思った場合でも、必ず引き受けた分の仕事だけは完成させないといけません。

そして、もし仕事を辞めるのであれば、急に伝えるのではなく、前もって伝えておくようにしましょう。
理想は1ヶ月前ぐらいの段階で伝えることですから、12月いっぱいで辞めるのであれば、12月に入る前に伝えておくのが望ましいです。

あとは、仕事や案件ごとのルールもしっかりと守るようにしましょう。
ライターの仕事であれば、コピーや引用は絶対にダメですし、イラスト設計の副業であれば、他のイラストを一部でも使用してはいけないのです。

単発の副業で収入を増やす

主婦は目に見える収入がありませんが立派な職業です。交通事故に遭うと主婦・家事手伝いもちゃんと休業補償を支払ってもらえます。なので、余った時間で副業をしたいところですが毎日ともなると中々続かないものです。
では、週に一日、月に三日程度の副業ならどうでしょう?

単発の副業は意外と多く、オススメは風俗です。週一でも数万円稼げますから、かなり魅力的です。ただし、友人や家族にバレる心配や性感染症になるリスクもありますから、どこまで思い切ることができるかが重要になります。
こういった危険な橋を渡らなくてもいい副業も沢山あり、派遣会社にスタッフ登録するという方法もあります。
派遣先に就職することが前提の紹介派遣は無理として、学校法人の説明会や学会のセミナーなどの臨時スタッフだと一日もしくは二日のみの勤務で一日あたり一万円程度の収入になります。

小さなお子さんがいて長時間の外出が難しいという場合は在宅ワークもあります。
毎日一定の時間が割ける場合はWebライティングやデータ入力といった低単価でコツコツ続けるものがありますが、週に三日、一日あたり二時間程度の時間しか割くことができない場合はチャットレディがいいかも知れません。
チャットレディとは、パソコンにWebカメラを取り付け男性と会話を楽しむというものです。ログインするだけで報酬が発生するところもあれば、男性と会話した分だけ時給として支払ってもらえるところもあります。
勿論、性に飢えた男性の相手をしなくてはいけませんから、エロトークは勿論、その気がありそうな言葉を投げかけることも重要です。

勤務先にバレずに副業する方法

賃金アップは大企業のみ、最低賃金値上げも生活保護を受給した方が得というおかしな状態の日本。
そんな中、副業をする会社員が増えています。

副業の種類は様々で、多くは週三日、一日数時間のアルバイトです。また、光回線やADSLなどのブロードバンドが各家庭に設備されている現在、ネットを使った在宅ワークもその一つです。
月に数万円でも年間を通すとボーナスのような額になります。やらない手はないでしょう。
ただ、ネックになるのが正社員雇用された場合、ほとんどの企業が副業を禁止していることです。

副業をしているほとんどの会社員は勤務先に内緒にしているか、もしくは投資などを副収入にしています。
理想は株や土地に投資することでしょうが、資金が必要なのですぐには始められません。
さらに今年10月から発行されたマイナンバーですが、実際に運用が始まるとあっさりと副業しているのがバレてしまいますのでどこかでアルバイトというのは不可能になります。
では、在宅ワークの場合はどうなのでしょう?

在宅ワークは基本的に業務委託ですが、依頼主が企業であった場合、支払った報酬を税務署に申告しなくてはならないので源泉徴収され年末に支払い調書が発行されます。つまり、勤務先にバレてしまうということです。
しかし、依頼主が法人登記をしていない個人事業主だったらどうでしょうか?
もし、依頼主が個人で業務を外注している場合、源泉徴収せず満額で報酬が支払われます。つまり、勤務先に働いて収入を得ているというあつかいで知られることはありません。ただし、確定申告が少々大変になりますので、そこをどう割り切るかが重要になってきます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.